UNISONPLANET

コラムCOLUMN

コラム一覧

column list

2018/10/24【実用編】日々の出来事を価値ある記事に変換する3つのステップ
運用,ライティング

秋を吹っ飛ばして直ぐに冬になってしまうような気がして

寂しい感じがしている今日この頃です。

季節の変わり目なので体調を崩さずに冬に備えていきましょう。



さて、今回のお題は冒頭の部分のような


季節についてや日々の出来事についてを”価値のある記事”にするための


3つのステップをお伝え致します。



以前のコラムにてこのような案内を致しました。


ご覧いただけていない方は、是非ご覧下さい!

 

[ 今日のお昼ご飯 ] であったり [ ○○へ旅行に行ってきました ]という

記事を更新しても、正直あまり意味はございません。


何故かというと、サイトのターゲットとしているユーザー層の視点で見たときに

[ サロン名 お昼ご飯 ]と検索される方はいらっしゃらないからです。

関連記事:SEOに役立つ!良質なコンテンツを作成する方法

 

こちらでお伝えをしていたように

季節・日常・趣味などの比較的書きやすい話題は有益な情報にするのは

非常に困難でございます。


「じゃあ何を書けばいいの?」となってしまいますよね。。

私も更新する内容に日々悩まされております。。

 

だからこそ、比較的書きやすい話題で


しっかりと効果を出す為のノウハウを3つのステップとしてお伝え致します。

 

是非ご参考にして頂ければ幸いです!

 

 

日々の出来事を価値ある記事に変換する3つのステップ


1.タイトルにて興味付けを行う


タイトルは最重要事項と位置付けして時間を掛けて考えていきましょう。

例えば冒頭のような季節について書きたい場合

「秋になりました。」よりは


「秋という季節は○○に注意!」

「秋という季節に感じる5つの思い出」という目を引くタイトルにしましょう。


秋の事柄について各業界ごとに例を出すと・・・


美容業界: 秋におススメ パーマスタイル10選!

医療業界: 季節の変わり目には○○に注意 秋には○○になる可能性がございます 

教育業界: 読書の秋 受験生が秋に読むべき本 25選

旅行業界: 秋の大阪 おススメ観光スポットを回る際に注意すべき事!


のような形です。


数字を出してみたり

ついクリックしたくなる「~~に注意」とかはかなり有効です。


関連記事:タイトルを極めて記事をブランディングする方法



2.本文内にキーワードを盛り込む


もしSEOで戦っていくために記事を更新しているのであれば

このキーワードはかなり重要です。


Googleは内容の面白さという相対的なものでは無く

機械的にテキストの量・キーワード性・記事数を重要視します。

※アクセスが集まれば面白さも必要になってきます!


入れるべきキーワードとは何か「地域名」や「メニュー名」など

どのように調べた時に上位に出てきて欲しいかを考えると出てまいります。


地域が大阪という大きな地域では無くても例えば天王寺・阿倍野区など

細かく指定しキーワードを入れる事も重要になってまいります。


医療・美容などのサイトであれば

「大阪府阿倍野区天王寺よりお越しのお客(患者)様を施術いたしました」という

内容でもキーワードを盛り込めるのでおススメです。


※ただ、地域名などのキーワードを無造作に記事内に

 散在させれば良いという訳ではございませんので、ご注意ください。


3.ファンになってもらう

 

コンテンツの作成する意味としてこのファンになってもらうというのは

かなり重要になっております。

何故なら、単純にリピーターを獲得することが可能だからでございます。

そもそもSEOは流入の経路としてPV(ページビュー)数を

上げる事に有効ではございますが、PV数が上がれば

お問い合わせが増えるわけではございません。

 

サイトのアクセスデータの中で重要になるのが直帰率でございます。

折角SEOにてPV数を獲得できたとしても

直帰率が高くすぐにページを離れてしまうというのは宜しくありません。

 

関連記事:アクセス解析を使って、Webサイト内でユーザーの動きを把握しよう!

 

大事なことは、一度サイトを見て頂いたお客様を

しっかりと捕まえる事が必要です。

 

それがしやすいのが日々の記事となります。


常にお客様のためになる情報を発信している美容院か

年に一度のみ記事を更新している美容院のサイトを見た時に

あなたはどちらの美容院に行きたいと思いますか?



 最後に

昨今Googleの検索エンジンアルゴリズムのアップデートの影響で

記事(コンテンツ)の重要性が高くなっております。

 

単純に記事を書けばいいわけでは無くなっておりますので

昨今のSEOのノウハウよりも

何を伝えたいかを重視して記事を作成していただければと思います!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!



記事毎の順位を把握しながら運用が出来る

弊社WEBマーケティングツール”A-BiSU”では様々な機能を搭載し

皆様のWEB運用をサポート致します!

他にも

・AIを使ったおすすめ機能

・視覚的に簡単に編集が出来る見たままページ編集

人工知能を最大限に活用できるABテスト


”A-BiSU”の詳細はこちら


是非この機会にご検討下さい!


2018/09/28SEOに役立つ!良質なコンテンツを作成する方法
運用,SEO,ライティング

昨今、googleの検索エンジンアルゴリズム変動により


大きく順位変動が起こることが多くなって参りました。



サイトの母数が増え続けているこの時代にどのように運用していくべきなのか。



今回はコンテンツ作成に視点を置いて

サイトを活用するために必須な情報をお伝え致します!




そもそもコンテンツとは?



コンテンツとは「中身」「内容」と要されることが多いです。


サイトで言うところの【記事・ブログ】にあたる部分です。



この”コンテンツ”というのがサイト運営にあたってどれ程重要なものなのか。


ここを深く考え、運用することがサイトのPV数を上げることの必要条件となってきます!





検索エンジンから見たコンテンツを作成する意味


それでは何故、コンテンツを作成しなければいけないのか?



それはSEO(検索エンジン最適化)を強化するために必須の取り組みだからです。



つまり、ユーザーが求めている良質なコンテンツを提供しているWebサイトが、

検索エンジンで高く評価されるということになります。


最近Googleでも検索エンジンアルゴリズムの変動を行い

今まで以上に良質なコンテンツを提供する必要性が強くなってまいりました。



他にもSEO以外の流入経路を確保出来ているサイトに関しては

サイトのブランディングとして”コンテンツ”は必要となってまいります。



参考



ここまででサイトを活用するためには”コンテンツ”が必要なんだな。

というイメージは持っていただけたかと思います。



それでは、どのように”運用”をするべきなのかをお伝え致します。



コンテンツマーケティングの基本


コンテンツマーケティングとは

ターゲット顧客を明確にし、顧客の疑問や悩み事などに対して、

適切で価値のあるコンテンツを提供し、コンテンツを通して

自社の存在を認知してもらい、段階的に関係性を深め、

最終的な目的達成に導く「概念」や「考え方」のことです。

この場合の目的達成が”お問い合わせ”であったり

”WEB予約ページへ進む”ということになるでしょう。



この”コンテンツマーケティング”こそが、

運用の方法を考えるうえで必須になってまいります。



「更新頻度が重要なんです!」「とにかくブログを書いてください!」

このような指示や、依頼は良くあると思います。


そこで嫌々、更新すればいいんだな。という思いで

[ 今日のお昼ご飯 ] であったり [ ○○へ旅行に行ってきました ]という

記事を更新しても、正直あまり意味はございません。


何故かというと、サイトのターゲットとしているユーザー層の視点で見たときに

[ サロン名 お昼ご飯 ]と検索される方はいらっしゃらないからです。


例えば美容室の場合、ウェブサイトのターゲットとしているユーザー層に対して

打ち出していく場合には[ 美容師が最も気に入っている髪質ケアとは!? ]

というように、髪質ケアについて困っている人がついクリックしてしまう内容に

設定をするのが理想的です。




どのようなコンテンツを作るべきなのか



前述したように、Googleの検索エンジンアルゴリズムの変動により


今まで以上に良質なコンテンツを提供する必要性が強くなっております。


googleの検索エンジンアルゴリズム

検索エンジンが、どんな情報をどう蓄積し

どのページを検索結果にどんな順位で表示するかを決めるルール(仕組み)のこと。



コンテンツ作成において重要なポイントは2点です。


1. ユーザーの求めている情報の提供


文章の好みは人によって変わってまいります。

例えば

・専門的な情報が盛り込まれている記事が好きな方

・読みやすく分かりやすい文章が好きな方

・デザイン性に優れた記事が好きな方  等々

こちらはユーザーの趣味趣向に任せるしかありません。


また、Googleクローラーでも文章の良し悪しは判断できません。


しかし、ユーザーの意図を考えることはできます。

それが”SEO”や”キーワードボリューム”の点で重要になります。


コンテンツを見たユーザーが求めている情報を提供することで

ユーザーの満足度に繋がります。



2. ユーザーにとってプラスになる情報


良質なコンテンツには

ユーザーの生活に役立つ知識であるかどうかや、

ノウハウを正しく提供できているかどうかなどが求められます。


その評価方法は、例えばPV数や回遊率、滞在時間などで総合的に評価されています。



上記2点を念頭に置き、下記の技法を取り入れて

コンテンツを作成いただければと思います。


・本文のテキストの量を増やす

(参考:1記事につき 500文字以上)


・対策キーワードを文章内に自然に盛り込む

(例:地域名、施術名、店名、コスメ名、薬剤名、駅名等)

・キャッチーでクリックしたくなるようなタイトルを作る

(例:歯医者がおススメする食生活の改善法

   現役女子大生 美容師見習いのイチオシ化粧品)



”コンテンツマーケティング”を行い”WEB集客”を行いたいと


ご所望の方は下記リンクにてWEB集客についてご説明しております。

参考


-------------------------------------------------------------------------------

また弊社の新感覚WEBマーケティングツール”A-BiSU”では


”コンテンツマーケティング”を行う上で活用できる

・AIを使ったおすすめ機能

・SEO対策の文章補助機能

・視覚的に簡単に編集が出来る見たままページ編集

人工知能最大限に活用できるABテスト


など、多くの機能を搭載しており、皆様のHP運営をサポート致します。




まだデモ環境を見たことが無い方にはご訪問し、ご案内させて頂きます。


是非この機会にご検討ください!